米国の現金給付1200ドルがビットコインに流れ込む

どうやら米国でコロナ対策の為の現金給付1200ドルが一部の人達の間でビットコイン購入に使われたようです。

米国の新型コロナ対策の現金給付、1200ドルがそのまま仮想通貨に流入か

コインベースによると1200ドルの現金給付と同時期に、同額のビットコイン購入が4倍以上増加したそうだ。これは生活に困らない富裕層が突然渡された1200ドルに困惑し、取り合えずビットコインにでも突っ込んでおこうと思い購入した可能性がある。

こういった行動は日本でも起こりそうである。日本でも一人10万円全員給付が決まりましたので、生活に余裕がある層では、使い道に困り、とりあえずビットコインという風潮が生まれる可能性があります。富裕層ほど今すぐ現金の必要がなく、かつ資金の増幅に余念がないからです。

思わぬ仮想通貨特需が発生するかもしれません。仮想通貨も回復基調にあるとはいえ、思わぬ天井にぶつかり、上抜けが出来ず80万円を突破できない状態が長く続いています。これが起爆剤となって上昇フェーズに入っていくかもしれません。

こういう政策は世界中で計画されているので世界規模で起こればかなりの影響力が出てくるはずです。これで一気に仮想通貨の流れが変わるか大いに見どころがある局面になりました。