暗号通貨の仕組みと用語

暗号通貨の仕組みと用語

 マイニングエクスプレスはGPUボードでイーサリアムなどのアルトコインをマイニングします。
と専門用語で言われても難しいですよね。そこで暗号通貨とマイニングについて、説明していきます。
 また暗号通貨はブロックチェーン技術を根幹としています。ブロックチェーンの概要と合わせて、それぞれ簡単に見ていきましょう。

コラム2 なぜアルトコインマイニングなのでしょうか?

マイニングエクスプレスはイーサリアムを始めとしたアルトコインマイニング。では、なぜ代表的なビットコインマイニングではなくアルトコインマイニングなのでしょうか。

・皆がビットコインマイニングに集中したため競争が激しくなりビットコインを採掘するコストが異常に高くなってしまった事
・ビットコインの価格が下落して採算が合わなくなってしまった事
・更にASICと呼ばれる専用マシンが有利になり巨大な一部マイナーがマイニングを独占してしまった事

アルトコインマイニングではGPUのボードを使った汎用マシンでマイニングが可能なため巨大な一部マイナーに独占されることが無く、またマイニングエクスプレスではAIを使って一番利益が出るアルトコインを採掘しています。

またGPUボードはマイニングだけでなくリアルタイム画像処理として設計されたものなので3DのCG制作や映画制作会社へのレンタルにも応用できそこからも利益を出す事が可能なのです。これはASICというビットコイン専用に作られたマシンでは絶対にマネができない強みなのです。

このような単なるマイニング工場だけでなくデータセンターとしての役割を持たせる事ができ、マイニングの採算が悪くなった時も他の事業で利益を確保する事が出来るのです。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、世界中の小型PC に
記録を分散記録させる非中央集権型データベースのこと

ブロックチェーンの仕組み

 ブロックチェーンとは、データセンターとなる大型PC を設置せず参加者のPC にデータを分散記録する非中央集権的データベースを意味します。
 データセンターが大型化すると設置費用や維持費用が高額になり、管理者を必要としデータ改ざんの可能性が生まれます。日本の銀行は大型データセンターを所有し、経営コストの高騰や信頼性の低下を招いています。
 一方ブロックチェーンでは設置費用や維持費用は安価で、管理者を必要とせずシステムが自律的に作動します。コストが安いため仮想通貨の各種手数料は安価で済み、管理者が必要ないためデータ改ざんの可能性がありません。金融機関にとっては低コストで高セキュアな、次世代データベースとなる可能性が高く、実用化に向け研究が進められています。

ブロックチェーン

暗号通貨を取り巻くブロックチェーン環境

 小型PC にデータを分散記録させるブロックチェーンが、どのような仕組みで暗号通貨を発行・流通・使用できるようにしているのかを見ていきます。
 暗号通貨を実用化する上で必須であるのがマイニングプール( 採掘所) と取引所です。マイニングプールは暗号通貨を金に例えるなら金鉱脈のことで、暗号通貨を掘り出す場所のことです。ゴールドラッシュの時代には鉱夫はツルハシで金鉱脈を掘りましたが、暗号通貨の現代ではマイニング用マシンが鉱夫とツルハシの役割を担います。


暗号通貨の仕組み・発行・流通・使用

こうして得た暗号通貨を法定通貨に換金するのが取引所です。株式や外国為替と同じように時価で換金が可能です。また手持ちの法定通貨で暗号通貨を購入することもできます。
 またご紹介したように、ビットコインで支払いが行える店舗も増えています。取引所で法定通貨に換金するまでもなく、ビットコインで直接支払える環境が整いつつあります。

暗号通貨とは?

●暗号通貨とは、ブロックチェーン上で通貨として機能するアプリの総称
●ブロックチェーンのコストが安価なため、各種手数料が安価
●マイニングによってブロックチェーン上で流通する
●ブロックチェーンが高セキュアなため、偽造はほぼ不可能で信頼性が高い

 暗号通貨とは、ブロックチェーン上で通貨として機能するアプリ(Dapps( ダップス)) の総称です。
ブロックチェーン上で決済や送金に使用されます。暗号通貨を入手する方法は主に2 種類で、取引所で法定通貨と両替するか、マイニングを行い報酬として貰うかです。
 暗号通貨は2,000 種類以上あると言われており、代表的なものはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ジーキャッシュ、モネロなどです。各暗号通貨ごとに専用ブロックチェーンが存在し、ブロックチェーンを共用することはありません。そのためビットコインキャッシュをビットコインに直接送金するなどはできず、ビットコインキャッシュをビットコンに送金するには両替が必要となります。
 暗号通貨の中でもビットコインはトレーサビリティ( 追跡製) に優れ、ウォレット間での送金情報を一般公開しています。( このことを非匿名性といいます。) これにより犯罪資金のマネーロンダリングには使用されず、健全な暗号通貨として認知されています。

イーサリアムのマイニング

●マイニングとは、暗号通貨の入出金情報を記録すること
●イーサリアムのブロックチェーンに参加しているマイニングマシンはイーサリアムの入出金 情報のみ記録でき、ETHで報酬を得られる
●マイニング報酬は、入出金情報の記録に成功した報酬のことで、いち早く記録に成功した
 マイニングプールにのみ支払われる

 

プルーフ・オブ・ワーク見出し

【ビットコインマイニングとの違い】
ビットコインのマイニング業界は、ASICと呼ばれる専用マシンが台頭しており、一部の巨大マイナーが利益を寡占している状態です。一方イーサリアムではASIC耐性を持つアルゴリズムを実装していて、ビットコインに比べてマイナーを分散化させることに成功しています。

プルーフ・オブ・ワーク仕組み

取引所とは?

●取引所とは、法定通貨と暗号通貨の両替を行う業者のこと
●日本ではDMM、GMO、ビットフライヤーなどが有名
●両替のほか、暗号通貨のFX 取引を扱う業者もある
●口座開設には本人確認が必要で開設まで1週間程度かかる
●口座開設後に取引所が扱う暗号通貨のウォレットが使用可能になる

 暗号通貨に興味を持ったら、すぐに準備しておきたいのが取引所の口座開設です。現在、暗号通貨は人気のため、開設まで概ね1週間程度必要となります。日本で暗号通貨取引所を開設するには、資金決済法に則った登録が必要となり、2019 年2 月現在で17 社あります。
 日本国内で取扱いが許される暗号通貨は金融庁が許可したものに限られます。一方海外の取引所では、モネロなど匿名性の高い暗号通貨も取り扱っています。ここに魅力を感じ、海外の取引所で口座開設を試みる日本居住者もいますが、海外の取引所も日本の法令違反を恐れて日本居住者の口座開設を認めない場合が散見されます。
 取引所に口座を開設するのなら、複数の業者で口座を開設しておきましょう。手数料が安い方で換金できたり、突然のシステムダウンや営業停止でも暗号通貨の取引きを行うことができます。

ウォレットとは?

●ウォレットとは、暗号通貨専用の口座のこと
●ウォレットを通じ、暗号通貨の入出金を行う
●暗号通貨ごとに専用ウォレットを用意する必要があり、
 異なる暗号通貨同士でウォレットの共用は不可能
●ウォレットは、1 つの暗号通貨に対し1 人で複数所有が通常