暗号通貨が現行貨幣より優れている点

暗号通貨が現行貨幣より優れている点

現在、暗号通貨が普及しだしている理由には、いくつかあります。代表的な理由は、次の通りです。

・法定通貨と比較して効率が良く、低コストで高い信頼性
・日本政府が通貨として認め、合法である
・暗号=通貨で決済可能な店舗の増加

効率が良く、低コストで高い信頼性

法定通貨は紙幣を印刷したり硬貨を製造し、日本中に輸送します。しかし暗号通貨はデータだけでこれらのコストが余計にかかりません。この点で暗号通貨は効率的で低コストです。
さらに暗号通貨は構造や仕組み的に、データ改ざんが不可能で、偽造ができません。
この点において、暗号通貨が法定通貨より優れていると考えられ、普及に拍車がかかっています。

暗号通貨イメージ

日本政府が通貨として認め、合法

2016 年5 月25 日、「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」が成立し、銀行の暗号通貨の取扱が合法となりました。さらに2017 年4 月1 日には「改正資金決済法」が施行され暗号通貨交換業の法的規制が始まりました。
日本では暗号通貨を健全な産業として育成する方針であることがわかり、一過性のブームでは終わりそうもありません。

日本が認めた

ビットコインやイーサリアムで決済可能な店舗の増加

改正資金決済法の施行を受けて、日本ではビットコインやイーサリアムで支払いができる店舗が増えています。
使用方法はビットフライヤーなどの取引所に口座を持ち、ビットコインを入金しておく必要があります。ビットフライヤー等のアプリを通じて、取引所のウォレットから引き落とされます。
暗号通貨での決済が可能な店舗が増加している背景には、2020 年東京オリンピックがあります。観光客が仮想通貨で支払いができるよう対応を進めているのです。
この動きは今後ますます、活発化することでしょう。

仮想通貨を「貨幣」認定

暗号通貨を支払いに使用できる店舗数暗号通貨を支払いに使用できる店舗数